6日に酒気帯びでひき逃げしたとして道交法違反容疑などで逮捕された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ。事件の概要が明るみになったいま、吉澤の証言や事故後の対応に疑いの目が向けられている。

 吉澤は事故発生の約15分後に「自転車をひいた」と自ら110番通報し事故現場に戻ったという。事故直後の呼気検査では1リットル当たりの基準値0.15ミリグラムの約4倍に当たる0.58ミリグラムのアルコールが検出されていた。酒量について吉澤は「缶酎ハイ3缶を飲んだ」とも説明したというが、「それだけで基準値の4倍近いアルコールが検出されるのか」という声が挙がり、吉澤の証言の信憑性が疑われている。

 さらに、9日放送のTBS系『サンデージャポン』に出演した女医・タレントの西川史子は、ひき逃げしてから通報するまでの“空白の15分間”に着目。自身の推測として「多分、その15分の間でものすごいお水を飲んだと思うんですよ。それでも4倍出たということは、相当飲んでいる可能性あるなと」とコメントした。2歳の子どもがいながら飲酒運転を行うだけなく、ひき逃げされた被害者よりも自分の保身に走ったとしたら、目も当てられない。ママタレントとしての活動はもちろん、芸能界では扱いきれない存在へと成り下がってしまったことは間違いないだろう。

 吉澤の飲酒運転については常習性も疑われており、今後さらなる進展があるだろう。2018年はモーニング娘。誕生20周年のアニバーサリーイヤー。そこに水を差すのが、小柄なYやKでもなく、吉澤だとは誰が予想したことか。「吉澤は大丈夫」と信頼し応援し続けてきたファンがあまりにも可哀想だ。

吉澤ひとみ飲酒ひき逃げ「虚偽証言疑惑」に芸能界追放は待ったなし!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!