2018年9月いっぱいで『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)が終了する。来年1月よりはじまるNHK大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺』のナレーターをビートたけしがつとめ、裏番組となってしまうため、それを避ける措置と見られる。この番組の終了で、もう一つ芸能界の地図がぬりかわる。ナインティナインの定期的なレギュラーが実質的に消滅するのだ。

「ナインティナインの定期レギュラー番組は『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)が残りますが、現在同番組は『グルメチキンレース・ゴチになります!』がメインコーナーとなっています。この企画に矢部浩之は1年間の出場停止中であり、少なくとも2018年12月までは登場しません」(芸能ライター)

 一時的なものとはいえ、コンビでの露出が少なくなっているナイナイの定期レギュラー消滅は、解散や活動休止といった不穏な未来を感じてしまわなくもない。

「もちろん11月に入れば年末年始特番の収録もはじまるでしょうし、元旦の生放送『初詣!爆笑ヒットパレード』(フジテレビ系)といった名物番組もひかえています。たまたま定期レギュラーが消滅する時期が重なっただけであり、コンビの絆は変わらないといえるでしょう。むしろ『めちゃイケ』終了からもうすぐ1年ともなりますので、お互いに新たな番組や企画を立ち上げるタイミングでもあるかもしれません。良い方向に解釈したいですね」(同)

 ナイナイの新境地はファンならずとも、ぜひとも見てみたいものだ。
(文=相川ナロウ)

ナインティナイン、実質“共演レギュラー消滅”で10月以降はどうなる?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!