民放アナウンサーの枠を飛び越えて、いまや“お騒がせタレント”のカテゴリーがぴったりなTBS宇垣美里アナ。2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、絶賛話題沸騰中である闇キャラの本領を発揮した。

 放送内で「1人焼肉専門店」のロケに出演した宇垣アナは「見て!見て!1人に1台、肉を焼くところがついています。さらに向かいに仕切りがあるので、周りの目を気にしなくてもいいですね」とハイテンション。

 ロケVTRを見ていたスタジオ出演者もその設備に賛同。 宇垣アナは最後に「これは落ち着く!」と絶賛しめでたしめでたし、となるかと思いきや、いきなりテンションダウン。「仕切りっていいですか?」という同行ディレクターの問いかけに「いいですね。自分のテリトリーってしっかり線引きされてる感じがして」と真顔で回答。さらに、「エレベーターも四隅に行きたい、私は」と謎のこだわりを話し始める一幕も。

 また店舗マネージャーに対し「こういった店ができて私は嬉しいです」と表向きの感想に終始すればいいものを「今までの焼肉屋さんって家族で行く人が多いから、1人でフラッと入ると『ん?どうした?』みたいな空気、『おひとりですか?』みたいな空気が出るし。焼肉、人と行くと、気を遣わないといけないじゃないですか」など持論を展開。当然店舗マネージャーは困惑ぎみだった。

 アイドル顔負けのロリ美少女アナの称号は遠い過去の話。闇キャラありきの女子アナとしてポジションを確立しそうだ。

『サンジャポ』TBS宇垣美里アナの闇キャラ「1人焼肉礼賛」「エレベーターでは四隅をキープ」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!