お笑いコンビ・尼神インターの誠子が、2日に自身のSNSアカウントに本気のメイク姿を披露し話題となっている。これは、ヘアメイクアップアーティストJunJun氏が手がけたもので、みちょぱを意識した濃い目のギャルメイク姿である。

 これに絶賛の声が上がる一方で「誠子ってもともとかわいいんじゃね? 俺はタイプだけど」「ブスブス言われてるけどそんなんでもないよね」といった声も見られる。

「尼神インターは誠子の相方である渚が、ヤンキー風のエロキャラとして目立っています。漫才のネタも勘違い美人キャラの誠子に、渚が鋭い関西弁で突っ込むというものなので、どうしてもキャラを維持する必要があったのは確かでしょう。一時期は、実際に顔が似ている要素もある『女ほんこん』キャラも出していましたね」(放送作家)

 誠子には双子の妹がおり、すでに3ショットも公開している。妹に比べるとやはり「残念な姉」要素もあるが、それほど見劣りするものでもない。

「誠子は『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で共演したにゃんこスターのアンゴラ村長に『自分そないやで(それほどかわいいわけではない)』と、関西弁で的確なツッコミを入れていました。やはり、メイクや髪型でここまで変わるのですから、もともとの素材は悪くないのでしょう。ただ、同じ吉本芸人では相席スタートの山崎ケイが『ちょうどいいブス』の肉食系キャラを打ち出していますから、誠子としてはキャラかぶりを避けたい思いもあるのではないでしょうか」(同)

 誠子は、彼氏いない歴イコール年齢のモテないキャラをたびたびアピールしているが、同期の男芸人を家に泊めるなど恋愛スキャンダルを疑われかねない行為も行っている。「モテないブス」は微妙なキャラ設定なのか、あるいは本当なのか。いずれにせよ「誠子はブスか美人か」論争が続く間は、彼女の人気も続きそうだ。
(文=相川ナロウ)

尼神インター・誠子、“本気メイク”に絶賛集まる!「もともとカワイイ」の声も……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!