『サザエさん』フネ役声優死去……『ちびまる子ちゃん』さくらももこさんに続く国民的アニメ関係者死去に「平成の終わり」の声多数の画像1

 

 国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で1969年10月の初回から40年以上磯野フネ役を演じてきた声優の麻生美代子さんが先月25日に死去していたことがわかった。92歳だった。

 2015年をもってフネ役を「卒業」していた麻生さん。卒業後も和風総本家(テレビ大阪)などでその声を聞くことができていたが、2017年からは島本須美さんと分担、2018年3月をもって卒業と伝えられていた。それから半年、突然の訃報である。

「先月27日には、同じく日曜アニメ『ちびまる子ちゃん』の原作者さくらももこさんの乳がんによる死去が伝えられました。こちらも世間に多大な衝撃を与えましたが、続いて『サザエさん』声優の方の死去ということで、また大きなショックを世間に与えております。

92歳の大往生、老衰とのことで天晴れな人生といえるのかもしれません。世間からは『平成の終わり』を実感する声も多くありますね」(記者)

 来年4月30日をもって終わる「平成」。その終わりを感じさせる訃報が多い、という声も多い。麻生さんのご冥福を心からお祈りしたい。

『サザエさん』フネ役声優死去……『ちびまる子ちゃん』さくらももこさんに続く国民的アニメ関係者死去に「平成の終わり」の声多数のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!