さくらももこさん突然の死去に衝撃……「ちびまる子ちゃん」原作者、「クレヨンしんちゃん」作者の訃報を想起、国民的アニメの生みの親の画像1

 

 漫画家のさくらももこさんが、乳がんでこの世を去った。53歳だった。

 さくらプロダクションは27日に「さくらプロダクションからお知らせです。」と題して文書を公式サイトにUP。内容は以下の通りである。

―――――

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

―――――

 あまりにも突然、そして唐突な訃報に、世間からも言葉がない状況が続いている。「嘘でしょ」「信じられない」「そんな」という、言葉にならない思いが駆け巡っている状況だ。

 世間一般としては、長らくテレビ放送を続ける『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)の印象があまりにも強いだろう。1990年に打ち出した視聴率39.9%はアニメ界の金字塔としてその名を刻んでいる。

 国民的作品を生み出した作者として有名だったさくらさん。それだけに突然の訃報に言葉がない。

 国民的作品の作者の訃報といえば、『クレヨンしんちゃん』で著名な臼井儀人さんが印象的だ。2009年に登山から帰ってこず、その後崖下に転落し死亡しているのが発見された。

 あまりのも衝撃が大きいさくらさんの死。もはや気持ちが追いついていかないが、心からのご冥福をお祈りしたい。

さくらももこさん突然の死去に衝撃……「ちびまる子ちゃん」原作者、「クレヨンしんちゃん」作者の訃報を想起、国民的アニメの生みの親のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!