金本阪神は次期監督候補話題ばかり。CS争いそっちのけの悲しい現状。の画像1

 

 プロ野球ペナントレースもいよいよ終盤戦。CS進出を懸けた戦いが続いているが、現在4位の阪神は早くも来シーズンに向けた話が浮上している。

 話題の中心は「監督問題」だ。現在指揮をとる金本監督とは昨シーズン、新たに3年契約を結んだが、監督としての技量を疑問視するファンも多い。

 若手の台頭も少なく、Bクラスが定位置になりつつある阪神の現状に、甲子園でのゲーム時には「さっさと辞めろ」「その采配意味わからんわ!」といったヤジが飛び交うこともしばしば。トータル5年の長期政権を約束されていた金本だが、責任感の強さゆえに自ら身を引く可能性も出てきている。

 そうなると気になるのは次期監督。現在名前が挙がっているのは、かつての阪神黄金期を支えた掛布雅之、岡田彰布、矢野燿大といったレジェンドたちである。なかでも最有力と目されているのが掛布だ。今シーズンは坂井信也オーナーと甲子園の役員室で一緒に観戦するなど、阪神サイドとの親密さが際立っている。監督業の肝である分析力は、野球中継の解説で証明済みであり阪神ファンも納得の人選といえるだろう。

 近い将来、阪神フロントは鉄人金本ではどうにもならないダメ虎改革に着手するのか。それともCS進出・リーグ制覇で金本が汚名を返上し続投するのか。阪神の未来を決める“勝負の秋”はすぐそこまできている。

金本阪神は“次期監督候補”話題ばかり。CS争いそっちのけの悲しい現状。のページです。エンタMEGAは、スポーツ、の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!