AKB48の歴史に残した“小さな爪痕”をブレイクのきっかけにできるか!?

 8月21日深夜放送の『有田哲平の夢なら醒めないで 何で私だけ…すぐに叩かれてしまう美女の大反論SP』(TBS系)に、元AKB48の相笠萌が、辻希美や重盛さと美、元SKE48・須藤凜々花らと共に登場。久々となる地上波で存在感を放った。

「AKB13期生だった相笠は、6年間の活動を経て3月にグループを卒業しています。アイドルにも関わらず、ファンの間では“塩対応”を超える“辛対応”が有名で、『ヲタクの中にすごいタイプの男性がいたら?』との質問には、『絶対にいないから笑』、バレンタインにチョコをねだられても『どーやっても無理だと思う』とバッサリ。握手会では座ったまま片手で握手、デビュー時から10キロ太ってしまった際には、太ったと言ってくるファンに『あんたたちのが太ってるから!』と毒を吐く。さらに、“DEATH NOTE”を作って、嫌な人の名前を書くことでストレスを発散し、元の体型に戻ることができたといいます」(テレビ誌ライター)

 アイドル誌ライターがAKB時代の彼女をこう述懐する。

「『755』や『Google+』などのSNSで、彼女は事あるごとに過激な発言を連発。ファンからの軽い質問やメッセージに対しては『しらなーい』『さぁね』『何回言わせんの』『うざ』と返すのがお約束。告白したいというファンを『絶対に断るよ』と冷たくあしらうドSぶりでした」

 こうした発言には賛否が飛び交い、「炎上キャラ」とされてきたが、今回ついに一般のお茶の間に紹介されるに至ったのは、ある意味幸運だったかもしれない。

「同番組のカラーには、元48グループメンバーや元モーニング娘。メンバーと相性がいいようですね。今度は西野未姫や中井りかとの共演もハマリそうです。今回は“辛対応”が注目されましたが、相笠は現在『ミスiD2019』のセミファイナルに残っているように、アイドル活動も継続しており、今後はどんどん活動の幅を広げていきそうです」(前出・アイドル誌ライター)

「ドM男子」限定のアイドル誕生⁉

元AKB48・相笠萌の「辛対応」に視聴者驚愕! 意外にもモーニング娘。メンバーと相性が良い!?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!