欅坂48の最新シングル『アンビバレント』が初週売上81.2万枚を記録。8月27日付オリコン週間シングルランキングで初登場1位となることがわかった。

 破竹の勢いが止まらないなか、8月20日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にて、映画『響 -HIBIKI-』に主演する“不動のセンター”平手友梨奈が9月3日放送回にゲスト出演することが告知され、ファンを歓喜させている。

「平手といえば、このところは『山口百恵の再来』と評され、パフォーマンス時の表情は“睨み芸”と言われるほどクールキャラでおなじみ。しかし、『しゃべくり』の予告映像では、共演の北川景子が見せる奇妙な踊りに大爆笑したり、大縄跳びの持ち手と務めながら笑顔を見せている様子が映り、『平手イメージ崩壊』というテロップが表示されるほど普段のイメージとは違う姿を見せていました。これには、『これは絶対見ないと』『不機嫌そうじゃない』『普段から笑顔でいて欲しいなあ』といったコメントが飛び交い、ファンも放送が待ち遠しいようです」(テレビ誌ライター)

 一方、欅坂ファンが集まる掲示板ではあるワードが連発され、新規ファンは「どういう意味?」と困惑しているようだ。主な使い方は以下のとおりーー。

「世間にキャロキャロてっちゃんが知れ渡ってくれ!」「ぬぉおおおお てっちゃん!!キャロライン~♡♡♡♡」「キャロてちキター」「てち、キャロい!」……。

「これは16年に欅坂メンバーの守屋茜のブログに平手が登場した際、守屋が“かわいい”を“キャロライン”という言葉に置き替えて書き込んだことから派生したものです。そのため、平手の貴重な笑顔が見られると、ファンからこのワードが連呼されるのが定着してきていますね。新規ファンにまで浸透していけば、一般的な流行語になるかもしれません」(アイドル誌ライター)

 9月3日には、ネット上が「キャロい」で埋め尽くされるかもしれない。

欅坂46・平手友梨奈の『しゃべくり』予告映像でファンが「キャロい!」大合唱!!のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!