のん「主演ドラマ」決定も内容が元事務所への「嫌味」!? 復活に歓喜と「テレビはクソ」批判あふれるの画像1

 女優ののんが久々の「実写作品主演」をすることがわかった。

 のんが主演するのはLINE NEWS オリジナルドラマ『ミライさん』。共演にはマキタスポーツ、堀内敬子、本郷奏多まで出ている。

 能年玲奈時代、所属事務所とのゴタゴタでメディアから一時姿を消した。その後芸名を「のん」に変更し活動復帰。そして、アニメ映画『この世界の片隅に』の声優としての演技が注目され、作品も異例の長期ヒットを記録。アートや音楽活動などでも注目を浴びてはいた。しかし、相変わらずテレビ出演、実写ドラマ出演はない状況だった。

 そんな中での久々の「実写ドラマ主演」に、ファンからも歓喜の声が続出。「待ってました」「いろいろ言われてるけど、ずっとファンです」「話題になるといいね」と好意的な意見が続出。一方で「テレビドラマにも出てほしい」「ネットドラマとかしか出られない理由がわからない、テレビはクソ」と、テレビドラマに出演できていない違和感を指摘する声もある。

 何にせよ久々のドラマ出演。CM出演しているLINEとの関係から実現したのだろうが、その「内容」は“嫌味”にあふれているような……。

「のんさんが演じるのは『自称革命家』で『人間が働かなくてもいい未来』のためにあえて働かない『ニート』の役だそうです。

事務所とのトラブルで仕事が一切ないような時期が長かったのんさんとなんとなく被っているような……少々タイムリーなネタのようにも」(記者)

 何かいろいろ感じてしまうドラマ内容のようである。いずれにせよ、久々ののんの主演としての演技が楽しみだ。

のん「主演ドラマ」決定も内容が元事務所への「嫌味」!? 復活に歓喜と「テレビはクソ」批判あふれるのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!