女優の波瑠に、ピンチが訪れている?

 主演ドラマ『サバイバル・ウェディング』が不調である。初回、2回こそ2ケタ視聴率をキープしたものの、18日に放送された6話視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、3話から4回連続で1ケタ視聴率、なかなか浮上ができないでいる。

「結婚できなければクビ」と命じられた主人公が恋の課題に奔走するドラマ内容。どこかで聞いたことのある設定だが、ドラマそのものは「無難におもしろい」という評価が大半ではある。ただ、どうしてもジャンプアップとはいかないようだ。

「波瑠さんの演技が『一本調子』という意見は多いですね。もともと表情は乏しいタイプではありますが、それが活きる内容のドラマもあります。ただ、この作品ではマッチしない部分もあるのかも……。

対して、ドS編集長役の伊勢谷友介さんの演技は『面白い』『クレイジーがハマる』とかなり評判がいい様子。逆に『それ以外はさっぱり』との声も多いです。伊勢谷さん一人で引っ張っている状況なのかも」(記者)

 また、波瑠の「露出の多さ」が原因との指摘も浮上している。

「朝ドラでブレイクしてから主演ドラマがひっきりなしですからね。一昨年4月に日テレ系の『世界一難しい恋』の主演を務めた波瑠さんは、同年7月に関西テレビ制作のフジテレビ系ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』の主演。17年は1月に『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK)、3月のスペシャルドラマ『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)、4月期ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)と出演。さらに今年1月期の『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)、4月期の『未解決の女』、7月クールの『サバイバル・ウェディング』とまさに出ずっぱり。さすがに飽きられているのかも?」(記者)

 どんな人気も「食べ過ぎ注意」? 少しインターバルを置いてもいいような……。

波瑠『サバイバル・ウェディング』不調で「伊勢谷友介頼み」の声……視聴率低空の原因は「出ずっぱり病」かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!