W杯が終わっても、本田圭佑の勢いが止まらない。

 8月15日に豪州プロ・サッカー・リーグ「Aリーグ」のメルボルン・ビクトリーへの入団会見を行った本田だが、12日にはカンボジア代表のGMに就任することを発表。チーム構成や指揮に対する全権を任される実質的な監督として、9月10日に行われるマレーシア代表戦に臨むという。

「本田はカンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルを作ることをミッションとして挙げており、その本気度が伺えます。またサッカーを強くするだけではなく、カンボジアの文化、世界遺産、農業を世界にアピールしていくつもりだと壮大な抱負を語り、世界中の報道陣をうならせました」(スポーツライター)

 日本、イタリア、メキシコ、オーストラリア、カンボジアと、世界を股にかけてキャリアを重ねてきた本田。18日に放送された『陸海空 地球征服するなんて 地球上で今1番有名な日本人は誰だ⁉世界1万人大調査‼』(テレビ朝日系)での“世界10カ国1万人にインタビュー”企画では、地球上で今一番有名な日本人の第1位に輝いてもいる。

「彼はサッカー選手としてだけでなく、サッカークラブの運営、ショッピングセンターやホテルの買収、レストランやクリニックなどの経営など、実業家としての顔を持っている。また、安倍晋三首相や麻生太郎財務相と対談したこともあり、政治家転身の噂もあります。一部報道では、サッカーJ2の東京ヴェルディ買収や、サッカーグラウンドを作る共同ビジネスを立ち上げているZOZOTOWN・前澤友作社長と組んでプロ野球に参入する動きもあるといい、今後も世間がアッと驚くような大きなことをやってくれそうです」(週刊誌記者)

 はたして本田が現役を引退するとき、いくつの顔を持っているのだろうか。

本田圭佑が政治家に? プロ野球参入も視野に入れた、世界を股にかけた野望がスゴすぎる!のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!