北川昌弘の「美女&美少女的ドラマ独偏批評」その17

ドラマの“質”は脚本家で決まるのか、あるいは演出家、プロデューサーで決まるのか? 確かにそれもあるだろう。だが、作品に彩りを添えるのは女性キャストだ! 稀代の美女&美少女ウォッチャー・北川昌弘が送る、女性キャストから見るドラマ評――。

 福西商店街祭りでのチアダン披露の成功。チアリーダー部から1年生の芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)がチアダンス部に加入。それでますますチアダンス部とチアリーダー部との関係がこじれて、文化祭へ。

 まず、最初に一言。前回、チアダンス部は新しいユニフォームを披露する機会が春までないからという理由で商店街のお祭りに出ることになったハズ。全員が文化祭のことを忘れていた?とは都合が良すぎ。

 1年生の移籍でますます関係がこじれたチアダンス部とチアリーダー部との関係。その責任の大半は自分にあると思っているわかば(土屋太鳳)は苦悩しつつも、自分がなんとかしなければと思っている。

 そして福西祭(福井西高校文化祭)では、チアリーダー部と吹奏楽部のメインイベントが野外ステージ。チアダンス部が体育館で出演時間が完全にバッティングしてしまう。

 一方、太郎先生(オダギリジョー)はチアダンス部にはちゃんとしたコーチが必要だと考え、コーチを探しに東京へ。しがし、なかなかみつからないと思ったら、前の学校でちゃんと向き合えず後悔していた生徒・木田(岐洲匠)を偶然見かける。福井は狭いと思ったが、東京もかなり狭いのかもしれない。

 さらに故意ではないとはいえ、チアリーダー部からのちょっかいで、芙美がケガをしてチアリーダー部の望(堀田真由)とわかばの関係はますます悪化。

 一方、エノキ食堂ではわかばと汐里(石井杏奈)、春馬(清水尋也)とその野球部仲間の上杉昇(高橋理恩)が食事。汐里と春馬の仲も順調そうで、それをみていた妙子(大友花恋)の父親(星田英利)は

「そこが三角関係か。修羅場が近いぞう」

 でも妙子はまったく気づかない。

 そして福西祭当日。なんと雨で野外イベントは全部中止に。しかし、雨が降った場合はどうするとか、特にメインイベントの場合は事前に考えるのが普通ではないか。

 わかばの場所を譲るという判断も納得はいくが、その時間になってから、会場や放送で呼びかけるのはどうなのだろう。もっと早く決めた方が、みんなズムーズに行くだろうに。ドラマ的にはよりドラマチックになるのだろうが……。

 出番がなくなったらどっかに行っちゃう人とかもう実際にはいそう。チアリーダー部もみんな部室にいてくれてよかった(笑)。

 最初は意固地になっていた稲森望も、校長先生(阿川佐和子)まで出張ってくれて、なんとかメインイベントが行われたが、あれから制服からユニフォームに着替えたわけだし、いったい何分遅れで行われたのか? 予定よりかなり短くなったのだろうか?

 結果として、わかばと稲森望(堀田真由)のいままでの関係も描かれ、稲森望がなかなかいいヤツなことがわかったのもよかったし。チアリーダー部とチアダンス部が和解できて、まさに雨降って地固まる感じでそれなりに感動的ではあったけれど。

 さらにRocketsのコーチも奥さん(松本若菜)のアドバイスもあり、
割と身近なわかなの姉のあおば(新木優子)に決まった。これで美女がひとり、完全にレギュラー復帰はありがたい☆

 めでたしめでたしと思ったら、太郎先生がなんと交通事故? 次回につづく。

 予告を見る限り、チアダンス部は顧問不在で廃部の危機に。太郎先生はどうやら病院で入院状態で意識があるかも不明。

 校長先生が顧問になるとか、和解したチアリーダー部と形だけ合体するとか、もしかしたら、麻子の父親が顧問になるとか、いろいろ想像はできるのだが……。

 通りがかりの子どもを助けるために交通事故に遭うというのも、通り魔とか、誰かに襲われたり、刺されたりするよりいいか……。

 常々、ドラマを見ていて思うのは、子どもが道路に飛び出して、
運転手と近くにいた人が同時に反応したとき、近くの人が助けられるなら、よほど高速で車が走っていなければ、停まるなり、避けたりできると思うのだが。映像上の演出で、リアルタイムでは違うのかもしれないにしても、車の運転手が気づけない、特殊な状況ならまだしも……。

 追伸、テロップに名前のあった、『バチェラー・ジャパン』出演などで話題の鶴あいかさんがイメージDVD『愛のかたち』(竹書房)の発売イベントを8月12日、ソフマップAKIBA㈬アミューズメント館で開催。てっきり、木田がアルバイトしていたキャバクラのキャバ嬢役かと思ったら、太郎先生が会いに行ったチアダンスの指導者のひとり(多分、二人目)の役とのことです。失礼しました。

□福井西高校チアダンス部Rockets
土屋太鳳:藤谷わかば役 福井西高校2年B組
◯土屋太鳳(1995年2月3日生 ソニー・ミュージックアーティスツ所属)

石井杏奈:桐生汐里役 福井西高校2年C組(東京からの転校生)
◯石井杏奈(1998年7月11日生 LDH所属 E-girlsパフォーマー)

朝比奈彩:栗原渚役 福井西高校2年A組 陸上部兼任
◯朝比奈彩(1993年10月6日生 生島企画室所属)

大友花恋:榎木妙子役 福井西高校2年A組 中華料理店“エノキ食堂”の娘
いまのところメガネ着用
◯大友花恋(1999年10月9日生 研音所属)

箭内夢菜:橘穂香役 福井西高校2年D組 バレエ経験者
◯箭内夢菜(2000年6月21日生 アービング所属)

志田彩良:蓮実琴役 福井西高校2年C組 日舞の家元の娘
◯志田彩良(1999年7月28日生 テンカラット所属)

山本舞香:柴田茉希役 福井西高校2年D組 不登校状態だったが
◯山本舞香(1997年10月13日生 インセント所属)

佐久間由衣:桜沢麻子役 福井西高校2年B組 学級委員で教頭(木下ほうか)の娘
◯佐久間由衣(1995年3月10日生 プラチナムプロダクション所属)

□福井西高校チアダンス部1年
伊原六花:麻生芙美役 チアダンス部に入ることに
◯伊原六花(1999年6月2日生 フォスター所属 元登美丘高等学校ダンス部)

足立佳奈:梶山カンナ役 麻生芙美とともにチアダンス部に入ることに。
◯足立佳奈(1999年10月14日生 ソニー・ミュージックアーティスツ所属 シンガーソングライター 『高校講座 国語表現』MC)

八木莉可子:柳沢有紀役 福井西高校2年B組 わかばの隣の席の親友でイラストが得意。事実上、音響及び衣装担当のチアダンス部サポートメンバー。
◯八木莉可子(2001年7月7日生 エイジアクロス所属)

□福井西高校チアリーダー部2年
堀田真由:稲森望役 チアリーダー部部長
◯堀田真由(1998年4月2日生 アミューズ所属)

福地桃子:芦田さくら役 チアリーダー部のナンバー2的存在。
◯福地桃子(1997年10月26日生 レプロエンタテインメント所属 哀川翔の娘)

新木優子:藤谷あおば役 わかばの姉。元JETSのセンター。あえてチアダンスの指導者を目指して、東京へ。
◯新木優子(1993年12月15日生 スターダストプロモーション所属)

松本若菜:漆戸今日子役 漆戸太郎(オダギリジョー)の妻 福井県立大学准教授
◯松本若菜(1984年2月21日生 トリプルエー所属 Amazon EchoのCM出演中)

北川昌弘(きたがわ・まさひろ)
1957年、北海道生まれ。成蹊大学卒業。美女&美少女ウォッチャー。執筆活動やメディアへ出演する一方、各地の芸能イベントでの取材活動を行い、アイドルランキング『T.P.ランキング』の資料収集に従事。1991年〜1992年オーディション番組『ゴールド・ラッシュ!』(フジ)の審査員。1996年〜『ザテレビジョン』ドラマアカデミー賞審査員。

土屋太鳳最大のピンチか? ダンス部が廃部の危機に!?『チア☆ダン』最新話の見どころのページです。エンタMEGAは、連載コラムの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!