フジテレビで「公開セクハラ」は常?

 フジテレビアナウンサーの三田友梨佳アナウンサーが、14日放送の『志村の夜』に出演。同局の新人、井上清華アナと杉原千尋アナとともに「新人研修」や「フジテレビの就職試験」の話をしていたのだが……。

 井上アナは試験の際「カラオケの十八番を歌って」といわれ即歌ったことや、杉原アナが制限時間内に答えを出さねばならない問題に困惑したことなどを告白。ここまでは、よくある話のようにも思えたのだが……。

 三田アナがその話に同調し「私も当時、『ビヨンセのものまねをして』っていきなり言われて」と告白。そして「腰、振りました」と告白。人気職であるアナウンサー、生き残りのためには恥ずかしいとかいってられない!ということなのだろうが……。

 ネット上ではこの告白に対し「完全なセクハラでは」と厳しい声が出ている。

「まあ想像するに、面接官のオジサンたちが女子大生に『ビヨンセのものまね』をさせて腰を振らせるという図は完全な『セクハラ』に見えてしまいますね。しかもそれがアナウンサー技術と何の関係があるのかと……。

ネット上では『最悪な会社だなやはり』『セクハラ面接って今もあるのかな』『これはアウト』とフジテレビに対し厳しい意見が多数です。まあ三田アナは良家の生まれで『コネで入社なんだろ』なんて声もありますが……」(記者)

 確かに「ビヨンセのものまね」と「アナウンサー試験」は関係なさそう。もちろんアドリブ力を見る意味もあるのかもしれないが……。

 やはり、テレビ局というのは浮世離れした環境のようだ。

三田友梨佳アナが体験「フジテレビ“セクハラ面接”」に非難轟々……「これは最悪」モラルを疑う声多数のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!