新垣結衣新ドラマが『逃げ恥』二番煎じ!? 日テレ「二匹目のドジョウ」狙いミエミエもキャラ設定近すぎ?の画像1

 

 女優の新垣結衣主演『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が10月スタートする。

 共演は松田龍平で本音を隠し日々頑張って生きる「現実の大人」2人を描くラブコメ作品とのこと。脚本は『逃げるは恥だが役に経つ』(TBS系)の脚本も手がけた野木亜紀子氏。国民的人気女優と個性派として多数の作品に出演する役者の共演ということで、すでに「確勝級」コンテンツといえるかもしれない。

 新垣が出演すればヒットする、もはやそんな言葉が常識になりつつある昨今、このドラマが「大コケ」する可能性は極めて低いだろう。『逃げ恥』ブームに続き、今度は『けもなれ』ブームが起こる可能性も否定はできない。

 一方で、このドラマの「ストーリー」や「キャラクター設定」には、疑問の声があるのも事実だ。

「新垣さん演じる主人公の深海晶は『仕事が完璧で彼氏にとっても理想の女だが、それは周りに気を遣い我慢し続けている』という設定。松田さんが演じる役も、根本に抱える悩みは同じような感じなんですが、この女性設定、どこかで……。

『逃げ恥』で新垣さんが演じた『みくりさん』も、どちらかというとこういうタイプの人間だったような……日テレとしても『逃げ恥』の二匹目のドジョウを狙うのは当然ですが、キャラ設定まで似ているとなると……。脚本が一緒だからそういう部分もあるのかもしれませんが」(記者)

 放送開始後「なんだ、逃げ恥の二番煎じじゃん」といわれることだけがリスクだろうか。

新垣結衣新ドラマが『逃げ恥』二番煎じ!? 日テレ「二匹目のドジョウ」狙いミエミエもキャラ設定近すぎ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!