また、芸能人による新たなギネス記録が誕生した。

 フリーアナウンサーの高橋真麻が8月8日、都内で行われたイベントにて『世界一高価なティッシュ』にギネス世界記録に認定された「十二単ティッシュ」を使い、高速ティッシュ抜きにチャレンジ。116枚を引き抜き、『一分間で箱から引き出されたフェイシャルティッシュの最多枚数』としてギネス世界記録保有者となった。

「本人は『台本を読んだら、成功のことしか書いていなくて、あ、失敗しちゃいけないんだ』とかなり緊張していたそうです。もっとも実際には、過去にこの記録を挑んだ人はいなかったようで、9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、加藤浩次がチャンレンジ。122枚とあっさり記録を更新しています」(テレ誌ライター)

 芸能人とギネス記録といえば、1月に新潟市を拠点に活動を展開するアイドルグループ・NGT48も「1時間で押された最多手形ペイント」というギネス記録に挑戦。多くの参加者が集まる中、制限時間内でこれまでの1055人を超える1231人をマークし、新記録を樹立している。

 ほかにも、芸能界にはユニークなギネス記録を持つタレントが少なくない。

「劇団ひとりは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で『1分間ニンニク早食い・レモン3個早食い』の2つのギネス記録を樹立。同じ放送日にチャレンジしたため、『腹の中から蹴られているよう』と表現していました。同番組では、タカアンドトシのタカが、『ミルクセーキ500ml早飲み』に挑戦し、9.48秒の世界記録を打ち立てました。しかしその後、安田大サーカス・HIROが7.90秒で記録を更新。しかしHIROがギネスに登録しなかったため、いまだに記録保有者はタカということになっています。また、元モーニング娘。の辻希美は、04年放送の番組内で『円周12.8メートルの巨大フラフープを30秒間回す』で世界記録を更新。05年のギネスブックに記載されていますが、名前の表記は『Tsuju』となっています(笑)」(芸能ライター)

 さて、次はどんな記録が生まれるか。

NGT48は「手形」、高橋真麻は「ティッシュ」、辻希美は「フラフープ」……芸能人の意外なギネス界記録とは?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!