北川昌弘の「美女&美少女的ドラマ独偏批評」その12

ドラマの“質”は脚本家で決まるのか、あるいは演出家、プロデューサーで決まるのか? 確かにそれもあるだろう。だが、作品に彩りを添えるのは女性キャストだ! 稀代の美女&美少女ウォッチャー・北川昌弘が送る、女性キャストから見るドラマ評――。

 ドラマとしてはここからが本番かな。

 大きな挫折を味わい、オダギリジョーが顧問となり、やっと機能して各メンバーへの的確なアドバイスで視聴者も8人のメンバーをかなり認識できたハズ。

 わかば(土屋太鳳)が学校へ向かう橋を走る引きの俯瞰ショットは福井ロケ感をしっかり出せていた。ただ、教室に入るまで夏休みと気づかないのは、ちょっと心配。普通は校門あたりで、他に登校してくる生徒がいないから気づくだろう。

 夏休みに突入し、元マーチングバンド部の部室も確保。その部室が汚れていて、片付けに3日もかかったとはいえ、なんと広いことか。部室の中でチアダンスの練習がしっかりできるとは恵まれ過ぎだ。そして当面の目標は9月1日のチアダンス福井大会出場となった。

 帰りがけに、野球部の練習を眺めている春馬(清水尋也)にわかばが話しかけ、仲よさげにしているところへ汐里(石井杏奈)が近づき、付き合っているのか確認すると、ふたりはただの幼馴染と否定。

汐里「じゃ、春馬くんの隣、予約した」
春馬「え?」
汐里「私、きみと付き合うから。じゃ」と走り去る。
春馬「なんや、あいつ」
わかば「ごめん、ちょっと変わったコやけん」
春馬「なんか、面白えな」
わかば「え」

 いきなり唐突過ぎる展開で、三角関係成立か?

 続いて、漆戸家では、今日子(松本若菜)が太郎(オダギリジョー)にJETSの早乙女薫子コーチ(映画では天海祐希)の“夢ノート”を伝授。そしてチアダンス部は練習を始めようとするが、わかばは補習。

麻子(委員長)(佐久間由衣)は塾。
渚(朝比奈彩)は陸上部。
妙子(大友花恋)は家の中華料理店の手伝い、で、初日からメンバーが揃わず、前途多難感が漂う。

 委員長のサポートでわかばはなんとか補習を脱出。有紀(八木莉可子)がRocketsのTシャツを作ってくれて、ちょっと前向きになるも……。なかなか足並み揃わず、すぐに仲間割れ?

 そこでわかばが「おなかすいた」発言を。まだ、明るい時間だったが、次のシーンはすっかり夜になっていて、妙子の中華料理店“エノキ食堂”での食事会(ドラマではありがちだが、うまくつながっていない)。部長もわかばに決まる。

 で、あっという間に夏休みも終わり、チアダンス大会当日。

 小倉優香を中心としたJETSのさすがのチアダンスに圧倒されつつ……、広瀬すずはいなかったけど……。

 そしてRocketsのチアダンス。最初こそ、なんとかだったが、結果的にはぶつかり合ったりボロボロ。現実を直視することに。それでも教頭や、チアリーダー部のメンバーや、春馬くんが見にきていたのは好材料?

 みんなあきらめかけたところで太郎がやっと顧問らしい、一人ひとりへの的確なアドバイスを披露。

 ここが最大の見せ場でした。ひとりひとりのキャラ紹介を兼ねていて、今後のみどころも示し、視聴者もやっとひとりひとりを認識できたのではないだろうか。その後、それぞれの夢ノートで再確認もできたし。

 ここまで、3時間かけて、成功するアイドルユニットのメンバー紹介をしたようなものか。テレビでいきなりアイドルを売るには1人~3人、多くてもモーニング娘。のスタメン5人までと私は思っている。

 例外はおニャン子クラブだが、それは『夕やけニャンニャン』(註・80年代後半フジにて生放送されていたバラエティ番組)が、月~金の帯番組で週300分の枠を持ったいたから。

 たとえば、現在、『ラストアイドル』週25分で、7人や12人のユニットをプロモーションするのはかなり厳しいと思う。月~金帯の『青春高校3年C組』は25×5=125分で、まだ可能性を感じるが……。

 『チア☆ダン』はスタメン8人。土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣くらいは知っていてもそのほかのメンバーを認識するのは実はなかなか大変だと思っていたが、3話のラストまでみて、オダギリジョーによる説明をきけば、メンバー8人を把握できたのではないだろうか。

 実はなかなか良いメンバー揃いなのである。アイドルユニットのように誰かには感情移入できるハズです。

 そして次回、第4話は、チアリーダー部と一悶着ありそうなのだが……。挫折から新たに結束できたメンバーが、校長のはからいでJETSを見学できることに。今度は広瀬すずも再び…?

 まっ、出るなら告知されてるか。小倉優香は引き続き登場しますね。さらに商店街のイベントへの出演依頼も。チアリーダー部1年の麻生芙美(伊原六花)らの動向にも注目?

□福井西高校チアダンス部Rockets
土屋太鳳:藤谷わかば役 福井西高校2年B組
◯土屋太鳳(1995年2月3日生 ソニー・ミュージックアーティスツ所属)

石井杏奈:桐生汐里役 福井西高校2年C組(東京からの転校生)
◯石井杏奈(1998年7月11日生 LDH所属 E-girlsパフォーマー)

朝比奈彩:栗原渚役 福井西高校2年A組 陸上部兼任
◯朝比奈彩(1993年10月6日生 生島企画室所属)

大友花恋:榎木妙子役 福井西高校2年A組 中華料理店“エノキ食堂”の娘
いまのところメガネ着用
◯大友花恋(1999年10月9日生 研音所属)

箭内夢菜:橘穂香役 福井西高校2年D組 バレエ経験者
◯箭内夢菜(2000年6月21日生 アービング所属)

志田彩良:蓮実琴役 福井西高校2年C組 日舞の家元の娘
◯志田彩良(1999年7月28日生 テンカラット所属)

山本舞香:柴田茉希役 福井西高校2年D組 不登校状態だったが
◯山本舞香(1997年10月13日生 インセント所属)

佐久間由衣:桜沢麻子役 福井西高校2年B組 学級委員で教頭(木下ほうか)の娘
◯佐久間由衣(1995年3月10日生 プラチナムプロダクション所属)

八木莉可子:柳沢有紀役 福井西高校2年B組 わかばの隣の席の親友でイラストが得意
◯八木莉可子(2001年7月7日生 エイジアクロス所属)

□福井西高校チアリーダー部1年
伊原六花:麻生芙美役 実はチアダンス部に興味津々
◯伊原六花(1999年6月2日生 フォスター所属 元登美丘高等学校ダンス部)

足立佳奈:梶山カンナ役 麻生芙美の親友
◯足立佳奈(1999年10月14日生 ソニー・ミュージックアーティスツ所属 シンガーソングライター 『高校講座 国語表現』MC)

□福井中央高校のチアダンス部「JETS」
小倉優香:花房月子役 圧倒的なダンスパフォーマンスとリーダーシップを持っている現役センター。
◯小倉優香(1998年9月5日生 エイジアプロモーション所属)

松本若菜:漆戸今日子役 漆戸太郎(オダギリジョー)の妻 福井県立大学准教授
◯松本若菜(1984年2月21日生 トリプルエー所属 Amazon EchoのCM出演中)

北川昌弘(きたがわ・まさひろ)
1957年、北海道生まれ。成蹊大学卒業。美女&美少女ウォッチャー。執筆活動やメディアへ出演する一方、各地の芸能イベントでの取材活動を行い、アイドルランキング『T.P.ランキング』の資料収集に従事。1991年〜1992年オーディション番組『ゴールド・ラッシュ!』(フジ)の審査員。1996年〜『ザテレビジョン』ドラマアカデミー賞審査員。

モーニング娘。を超えるか? 広瀬すず、小倉優香にも注目、役者が揃った『チア☆ダン』最新話の見どころのページです。エンタMEGAは、連載コラムの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!