「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」

 渡辺謙がこんな怒号を飛ばす拡大鏡「ハズキルーペ」のCMが話題を呼んでいる。

 相手役を務める菊川怜に渡辺が耐久性を示すためにわざとお尻でルーペを踏ませたり、菊川が「ハズキルーペ、だぁいすきぃ!」と胸元でハートマートを作るなど、絶妙なダサさが若者層にまで受けているという。

 サッカーW杯ロシア大会では何度もこのCMが流れていたが、今でも目にしない日はないほどだ。

「広告費に100億円をかけていると言われ、7月には朝昼夜問わず34もの番組のメインスポンサーとなっています。『日経エンタテインメント!』のCM好感度ランキング10位に入っており、タレントの伊集院光も自身のラジオ番組で『テレビを捨ててしまった人は買い直してでも見るべき』と絶賛しています」(芸能記者)

 このCM、渡辺バージョンの他に舘ひろしバージョンもあるが、こちらの相手役は前衆議院議員・松野頼久氏の娘でもある女優の松野未佳。

「松野にしろ、菊川にしろ、あまりの大根役者ぶりが逆に視聴者の目に留まるという効果を生んでいます。特に菊川の棒演技は、渡辺の熱演とのコントラストによって尋常ではない威力を発揮してしまっています。一部報道では、菊川の前に新垣結衣に相場の3倍の出演料でオファーしていたそうで、女優のイメージを落としかねないと判断されたのか、諸般の事情で断られたのだとか」(芸能ライター)

 もはや“棒演技”が出演条件となりそうな「ハズキルーペ」のCMだが、ネット上では次は誰が来るのか予想祭りにもなっている。

「よく聞かれるのは前田敦子や佐々木希ですが、2人はまだ年齢的にもしっくりこない。菊川路線を踏襲するなら藤原紀香あたりが絶妙なラインだと思いますが、どうでしょうか」(広告代理店関係者)

 もし、渡辺の相手が新垣だったとしたら、CM効果は今ほどではなかったかもしれない。

新垣結衣には断られた!? 佐々木希、藤原紀香らの名前が上がる『ハズキルーペ』CM女優の条件は“棒演技”?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!