6月に開票された「第10回AKB48世界選抜総選挙」で1位に輝くも、体調不良のため、活動を当面休止すると発表されたSKE48・松井珠理奈。復帰のメドが立っていない彼女を心配する声が上がっている。

「11歳でSKE48に加入し、21歳ながら芸歴10年という彼女は、デビュー当時からプロデューサーの秋元康氏の“お気に入り”としてグループの先頭を走り続けてきました。今回の活動休止をめぐり、総選挙へのプレッシャーや後輩との確執が原因なのではないかなどさまざまな憶測を呼んでいますが、本当に体調不良が理由のようです」(芸能ライター)

 アイドル誌ライターもこう続ける。

「SKE48は今年で結成10周年を迎えますが、1期生はすでに彼女一人。AKB48の活動も並行しながら、ずっとSKE48のセンターとしてグループを守り続けてきました。責任感が強いがゆえに、メンバーやスタッフと衝突することもしばしばあったようですが、SKE48の後輩たちもまた、彼女を慕って『珠里奈さんを支えなきゃ』とたびたび口にしていました。今回の休業については、本人は早期の復帰を望んでいるようですが、ずっと溜まっていた疲れを癒し、本当の意味で体調が回復するまではと、周囲が止めているとの話もあります」

「第10回AKB48世界選抜総選挙」の結果をもとに、松井がセンターを務めるはずだったAKB48の53枚目のシングルについても、彼女が不在のままレコーディングされ、発売されることになるという。

 10月には劇場公演がスタートしてちょうど10年を迎えるSKE48。その頃にはまた、彼女の元気な姿が見られることを祈りたい。

「珠理奈を支えなきゃ!」の声多数 SKE48松井珠理奈の体調不良を気遣う業界の和音とは?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!