00003

  ミュージカル「テニスの王子様」の3rdシーズンでの8代目手塚国光役やBS-TBSドラマ「水戸黄門」の助さん役などで活躍している俳優・財木琢磨が25日、中国・広州で「財木琢磨 広州ファンミーティング」を開催した。

  この日のイベントは昼夜2回にわたって行われたが、チケットは完売となり、会場となったライブハウス「TU凸空間」には500人以上のファンが集まった。

  ファンからの「琢磨~!」の掛け声を浴びて登場した財木は当初、広州の言葉であいさつする予定だったが、ファンからの熱い歓声に驚いき、思わず日本語であいさつしてしまうハプニングも。
  カレンダー撮影で訪れたタイでの秘蔵映像をファンと一緒に観た後に行われたファンからの質疑応答コーナーで会場を盛り上げた。
  クイズ大会も行われ、スクリーンに出た中国語の意味を財木が答える「中国語当てクイズ」では“クリスマス”を意味する中国語に悪戦苦闘。
  ファンとのジャンケン大会では、勝者に写真集で財木が実際に着用した衣服や、サイン色紙などがプレゼントされて大盛り上がりとなった。

  また、ゲーム大会では財木がファンからクリスマスケーキを食べさせてもらう場面も。
  財木は、使用したフォークを食べさせてくれたファンの方にアドリブでそのままプレゼントし、もらったファンは感動のあまり涙ぐんでいた。

  その後、財木はステージを降りて客席内を練り歩き、ファンからの写真撮影タイムを実施。
  さまざまなポーズの注文を受けながら会場中をすみずみまで歩き、笑顔で撮影に応じた。
  チェキ撮影会では、サンタクロースの衣装で再登場。 チェキ撮影会でファンからの手紙やプレゼントを直接受け取る“財木サンタ”に、参加したファンも笑顔を浮かべていた。

  最後に財木は、「こうして広州に集まってくださった方々には本当に感謝ですし、わざわざ日本からもお越し頂いて本当にうれしい限りです。今年は台湾、香港、そしてここ広州とでイベントができ、たくさんの方々に参加してもらえて最高の一年でした。ありがとうございます! また必ず来ますので、その時も会いに来てください!」と感謝した。

  3度目の海外ファンミーティングを終えた財木は、「みなさん優しいので、僕のつたない言葉でも笑ってもらえたり、盛り上がってくださって本当にうれしかったです。普段はお手紙やプレゼントは直接受け取ることがなかなかできないので、こうして直接頂けるとなんかすごくうれしかったですね。今回は僕がうれしいことばかりのイベントだったかもしれないです」と満足気な様子だった。

  なお、財木は来年1月25日から2月4日まで東京、大阪で上演される舞台「クジラの子らは砂上に歌う」にオウニ役で出演する。

財木琢磨が中国・広州でファンミーティングを開催のページです。エンタMEGAは、エンタメ舞台の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!