0008

  渡辺は、「本当に寂しいですね、寂しい…。『AKB48』が本当に大好きなので、寂しいんですけど、最後こんなにたくさんの素晴らしいファンのみなさまに見守られて卒業ができるなんて、『AKB48』に入った当初の私は思い描くこともできなかったことなので、本当に幸せ者だなと思います。もうこのAKB48劇場に立つこともないんだなと思うと不思議だし、この舞台に立つことが11年間当たり前だったので、この当たり前が来年からなくなることが信じられないです」。

  続けて、「でも、(横山)由依ちゃんの手紙がとっても頼もしくて、これからも頑張ってほしいし、見守り続けるし、自分も『AKB48』が大好きなただの一人のファンだったので、それで『AKB48』に入ってここまでやってきて、これからも大好きな『AKB48』が永遠に続いてほしいなと思っているので。会場に来ているみんなに気持ちを託して、私はこのグループを卒業していきたいと思います」とし、「11年間、たくさんの思い出、たくさんの深い愛を本当に、本当にありがとうございました」と感謝した。

  最後は、「次を歌ったら終わっちゃうんだ…」とトークで歌うのを延ばしていた渡辺だったが、意を決して「私が『AKB48』を知るキッカケになったとても大切な曲で、私の11年間のAKB48人生をこの曲とともに締めくくります」と話すと、出演のメンバー全員で『桜の花びらたち』を歌い、渡辺の卒業公演は幕を閉じた。

0006

  公演後、渡辺は「12歳で『AKB48』のオーディションに合格して、前だけを見てひたすら駆け抜けて来たので、今こうして最後の劇場公演を終えて、11年間が幕を下ろそうとしているんだなと急に実感がわいてきて寂しいです」。

  さらに、「オーディションに合格した頃は、まだ『AKB48』はテレビに出る機会もなくて。秋葉原の劇場でひたすら公演をする日々だったので、こんな未来は1ミリも想像できていなかったので。最後にたくさんの方に見送られて本当に幸せだなと思います」と胸中を明かした。

  「総選挙」で最後まで“神7”入りを果たし続けたことには、「ありがたいことに、9回連続で唯一ずっとベスト5にいさせて頂いて。ファンのみなさんの応援があってこそですし、感謝をしてもしきれない思いです」。

  やり残したことを聞かれると、「さっきの卒業公演でもそうですが、センターを務めた『ラブラドール・レトリバー』の曲紹介をするたびに『レトリバー』が言えなくて甘がみしてしまって。今日が最後の機会だったので意気込んでいたのに今日も甘がみしてしまって、結局最後まで言えなくて…」と苦笑いを浮かべた。

  そのうえで、「(やり残したことは)ないです。11年間、やり切ったなと思います。悔いはないです」と話した。 今後はソロ活動を展開するが、「ソロでシングルも出させて頂いて。ソロとして音楽活動もしていきたいですけど、お芝居のお仕事も積極的に挑戦していけたらいいなと思います。私もこれからが勝負の時というか、1人で大きな世界へ出て戦っていくので、負けないぞという強い気持ちで頑張りたいです」と意気込んだ。

  恋愛も解禁になるが、「機会があれば、できたらいいなと思います。今までしてこなかったので、『大丈夫かな?』って怖さもあるけど、そういうタイミングがあればぜひしたいです」とし、結婚に関しては、「結婚は全然イメージできていなくて。私はお仕事が好きで、そっちに熱中しちゃうタイプなので思い描けていないです」。

00007

  改めて「AKB48」という存在について問われると、「12歳で入って、人生の半分は『AKB48』だったので、私の人生といっても過言ではないくらいです」。

  最後の「『AKB48』のメンバーとして自身に点数をつけるとしたら?」との質問には、「150点! 11年間まっすぐ頑張ってきたなと自分でも思うので、それくらいはつけてあげてもいいかなと」と笑顔で話した。

「AKB48」の渡辺麻友が卒業公演 「たくさんの思い出、たくさんの深い愛を本当にありがとう」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!