00004

  来年デビュー30周年を迎える「B’z」が、来年4月1日から東京・有楽町インフォスでこれまでの軌跡をたどる大型エキシビション「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」を開催することが分かった。

  エキシビション“SCENES”では、4月1日から5月6日までの前期(1988-2002)、5月11日から6月15日までの後期(2003-2018)に分けて開催。
  初公開を含むステージ衣裳、愛用楽器、秘蔵映像、写真等の展示のほか、メンバー本人の私物、直筆の歌詞や譜面、完全初公開となるステージ模型なども一般公開される。

  また本展では、同じ2018年に日本発売50周年を迎える「人生ゲーム」とコラボレーションし、30年のエピソードを網羅した「B’z人生ゲーム」のほか、松本、稲葉も愛用しているアメリカの老舗レザーブランド「Schott」のメンバー監修ライダースジャケット、若い世代を筆頭に高い支持を得ているヘッドウェア&アパレルブランド「NEW ERA」をはじめ、「30」にちなんだ30ブランド、企業とコラボレーションした限定商品の取り扱いも予定されている。

  松本と稲葉は、「僕たちは30年の間、休むことなくレコーディング、ツアーを続けて来たことによって、今居るステージに立っています。そのプロセスで色々な風景を見てきましたし、今尚未だ見ぬ風景を求め、音楽創りを高いレベルで続けていくという意味合いを込めて、今回のエキシビションに“SCENES”と名付け、僕達が歩んで来た30年の軌跡を、1988 – 2018として記しました」とコメントしている。

デビュー30周年を迎える「B’z」が「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」を開催のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!