新垣結衣『コード・ブルー』続編でジャニーズ事務所も忖度? 山下智久以上の価値で優先度が……の画像1

 

 今最も勢いに乗る女優と呼んで差し支えない新垣結衣。

 10月からは新ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が放送予定、現在公開中の映画『コード・ブルー』も大ヒットを記録するなど、その勢いはとどまることを知らない。

 そんな大ヒットした映画『コ―ド・ブルー』に関し、新たな情報が舞い込んできた。

「興行収入100億円も見えてきた大ヒット作だけに、フジテレビ側も今後『シリーズ化』をもくろんでいると『週刊女性』(主婦と生活社)が報じています。これだけのヒットですし当然の流れとはいえるでしょう。

最近影が薄めだった山下智久さんにとっても存在感を示した大ヒット作。続編は渡りに船といったところではないでしょうか」(記者)

 同誌によれば、続編は実現させたいものの、新垣結衣や戸田恵梨香は今や主役級の売れっ子で、スケジュールやその他もろもろの事情で簡単にはいかないのだとか。確かに世間的な「価値」は今や新垣のほうが上かもしれない。新垣のいない『コード・ブルー』など成り立つはずもなく、山下以上に仕事のオファーが多いのも事実だろう。

 今や天下のジャニーズタレント以上に「重要キャラ」になってしまった新垣。山下がいなくても新垣がいれば……がフジの本音だったりして。

新垣結衣『コード・ブルー』続編でジャニーズ事務所も忖度? 山下智久以上の価値で優先度が……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!