女優でタレントの佐藤仁美が、28日に発売された週刊誌「FLASH」(光文社)のグラビアに登場。プライベートジム「RIZAP(ライザップ)」のCMイメージキャラクター起用に伴い、絞りに絞った美しいボディラインを披露し、絶賛の声が相次いだ。

 同ジムのトレーニングメニューによって、7カ月でウェスト24.5cm、体重を14.8kg落とすことに成功したという佐藤。今年4月から放映開始されたCMでは、お腹ぽっこりのビフォアーと、あばら骨が浮くほどスリムになったアフターとの比較映像が反響を呼んだ。

「これまで同社のCMには、香取慎吾やAKB48・峯岸みなみ、女優の石田えりなどが出演し、それぞれ見違えるようにシェイプアップした姿が話題を集めてきました。佐藤もまた、CMの時点で称賛の声が寄せられていましたが、ビキニやランジェリーを着用して、美しいボディラインをより強調した今回のグラビアによって、『ライザップ史上最高の広告塔では?』『同世代の女性への訴求力抜群だと思う』などと称える声がネット上で飛び交っているようです」(芸能関係者)

 また、今回の撮影は、22年前に発売した1st写真集『Bless You…!』(近代映画社)のカメラマン・根本好伸氏が務めたため、“リメイク”ショットでも従来のファンを楽しませることになった。

「久しぶりのグラビア撮影にあたり、佐藤の方から根本氏にオファーを出したとのことですが、テンガロンハットをかぶり、拳銃を手にしたウェスタン風のビキニショットが再現され、当時を知るファンを感激させたようですね。また、写真集が発売された16歳当時、佐藤はバリバリの美少女アイドルとして活動していましたが、『ダイエットに成功したことで面影が戻ったね』『むしろ、今の方がキレイになってないか?』などと指摘する声も集まっているようです」(同)

「FLASH」のインタビューでは、「グラビアはこれで封印です」と語った佐藤だが、各誌が放ってはおかないかもしれない。今後はタレント、女優業に加え、モデルとしての活躍にも期待したいところだ。

佐藤仁美、美スタイル披露で『ライザップ』史上最高の広告塔に? 「22年前よりキレイ」と絶賛の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!