「崩壊」寸前のパチンコを救う「女」!? 悪いイメージ払拭する「快適」空間へ進化!の画像1

 

 パチンコ店と聞いて「空気が悪い」「怖い」といった印象を抱く方もいるだろう。

 しかし、現在のパチンコ店に対するイメージは徐々に変わってきた。「空気清浄機の導入」「携帯の充電」「マンガ読み放題」といった無料サービスは充実している。清潔感の溢れる店も多く若い女性客の来店も増えるなど、一昔前では考えられない空間となっているのだ。

 その目的として挙げられるのは、遊技人口の底上げだろう。1994年には約3000万人と言われていた遊技人口は、現在「約900万人」にまで落ち込んでいる状況。2年連続で過去最低値を更新する結果となった。

 ヘビーユーザーを引き止めることはもちろん「初心者や休眠層の取り込み」が求められているのは明白。そのような意味で注目されているのが、サービスの強化である。

 昨今はサービスに力を入れるパチンコ店は多い。これまではなかったユニークなサービスが、メディアで取り上げられることも珍しくない。

「最近では休憩スペースに『足湯』を設置したり『ワインセラー』『アートギャラリー』を併設しているホールもあります。『健康に役立つサービスが受けられる』『マグロの解体ショーが行われる』という斬新なものもありますね。

こういったサービスは『リピーター』や『新規ユーザー』の獲得が期待できます。取り入れるホールは、今後も増えてくると思いますよ」(記者)

「パチンコのイメージ改善」や「遊技人口の底上げ」へ繋がる動きが激化している昨今。その中で注目したいのは「女性を意識したサービス」の提供だ。

「崩壊」寸前のパチンコを救う「女」!? 悪いイメージ払拭する「快適」空間へ進化!のページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!