体操協会「パワハラ」夫婦の「嫌われっぷり」……田中理恵に現役選手、協会トップも「宮川派」で高須院長に「いいね」しまくりの画像1

 

 女子体操の宮川紗江から「パワハラ」を告発された日本体操協会の塚原光男副会長と塚原千恵子女子強化部長。

 副会長と強化部長は書面を31日に発表。「私が高圧的な態度ではないということはお分かり頂ける」とパワハラ報道に反論し「宮川との会話の録音がある」とも。徹底抗戦の構えを見せた。

 世間的には「往生際が悪い」「老害」と副会長と強化部長を責める意見が多数である。

 それだけならよくある流れなのだが、今回は「内部」「元内部」も全面的に「宮川派」である。

「ロンドン五輪体操女子代表の田中理恵さんが『いろんな形での助け方があります。私もさえのためにも、選手たちのためにも、協力します。心配で仕方がない』とすれば、早坂尚人選手や寺本明日香選手も会見記事に『いいね』やリツイート。さらに美容外科・高須クリニックの高須克弥院長が宮川選手の支援に名乗り出た投稿には白井健三選手や亀山耕平選手らも『いいね』やリツイートをしています。

協会のトップですら『宮川派』のような発言も出ているくらいですからね。副会長と強化部長の夫婦『どんだけ嫌われてんだよ』といったところです」(記者)

 針のムシロ状態のこの夫婦。積年の恨みがあるということだろうか。

体操協会「パワハラ」夫婦の「嫌われっぷり」……田中理恵に現役選手、協会トップも「宮川派」で高須院長に「いいね」しまくりのページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!