8月28日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に、俳優・新井浩文がゲスト出演。個性派ながら気さくすぎる一面を明かし、「ますます新井さんのこと好きになった!」「ほんと面白い人だよねwww」と話題を呼んでいる。

 今回の放送では、司会の笑福亭鶴瓶が焼酎、新井がビールを飲みながら“無礼講”モードでトークを展開。序盤から鶴瓶が言い間違いを連発して、新井がツッコミを入れる展開で盛り上げていった。

 都内にある青森居酒屋を取材した“チマタのVTR”を見終えると、青森県出身の新井の里帰りの話へ。その流れから結婚の話題に及ぶと、新井は「業界に入ってから付き合った彼女、(週刊誌に)全員撮られてます」「隠さないですもん別に。だってアイドルでもないし」と大胆発言。“今の彼女”と一緒にいたところを撮られたエピソードも明かし、オープンな姿勢でトークを展開していく。

 さらに新井は、小学2年生の頃から『週刊少年ジャンプ』を欠かさず購入していると告白。“子どもの頃からやめられないこと”について話していく中で、「ゲームもそう」と明かしている。新井はオンラインでゲームを楽しみ“オフ会”にも参加しているそうで、「ゲーム友達、全国に相当いますよ」と語って鶴瓶を驚かせた。

「新井はプレイしているタイトルに『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』の2大RPGを挙げ、新作が出れば絶対に買うとまで宣言しています。さらに鶴瓶が子どもにゲームを買い与えていなかったことが発覚すると、『なんでですか』『ゲームやったらどうなると思ったんですか』と厳しい口調に。ゲーム反対派の鶴瓶に対し、推進派の新井は『「あいつん家ゲームねぇぜ」みたいになってましたよ、たぶん』『チョイスミスだと思いますよ、世代的に』と攻め立てていました」(芸能ライター)

 包み隠さないトークを展開していく新井に、ネット上では「コワモテのイメージだったけどめっちゃフランクな感じだね!」「新井さんとゲームできるなんて幸せすぎでしょ」「オフ会行って新井さんがいたらどうすりゃいいか分からんやろwww」「ズバズバ鶴瓶さんに斬りこんでくなぁ。喋りがめっちゃ面白い」といった声が続出。新井は自身のツイッターでも独特なつぶやきを連発しており、言葉選びのセンスには定評がある。

「ツイッタープロフィールには『下ネタ駄目な方は立ち入り禁止です』との文言もあり、ユーモアに富んだ新井のツイートがファンから好評です。またツイッター上でファンと交流する機会も多く、出産直前のファンからリプライを受け取った新井は『リプ送ってる場合じゃないよ』と反応。さらに出産直後のリプライにも『だから、リプ送ってる場合じゃないって言ってんのw』とツッコミを入れていました」(同)

 人気俳優ながら気さくな対応を見せる新井。見た目の印象とは裏腹のオープンな性格が、多くのファンを魅了する理由の1つかもしれない。

新井浩文「コワモテ俳優」が“オフ会”に参加する気さくさが明るみになりファン大喜びのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!