悪質タックル問題の日大選手が復帰意向……そこで聞きたいのは「オードリーの言葉」だ!の画像1

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、タックルを行った選手が、チーム復帰の意向を示しているとわかった。

 この選手は会見を開き、タックルは監督、コーチからの指示があったと語り「自分にアメフトを続ける権利はない」と競技からの引退を表明していた。しかしチームメイトは復帰を望んでおり、その声に当選手が応じた形だ。

 しかし、日大アメフト部は各大学のアメフト部を統括する関東学連からこの秋のリーグ戦出場が停止されている。今後は出場停止処分の解除を求めて反省文の提出などが求められる。悪質タックルを指示したとされ内田正人前監督と井上奨元コーチはすでに連盟からの除名(事実上の永久追放)と、日大からの懲戒解雇処分を受けており、新体制のチーム作りに宮川選手が参加するかが焦点となる。

 当選手の復帰がかなえば、悪質タックル問題に一区切りがつくともいえる。そこでコメントを聞きたいのがオードリーであろう。

「何しろオードリーは、日本大学の特別付属校である、日本大学第二中学校・高等学校の出身。ともにアメリカンフットボール部出身です。初期にはアメフト関連のお笑いネタもあり、アメリカのプロリーグであるNFL中継に関する情報番組『オードリーのNFL倶楽部』(日本テレビ系)のレギュラーも不定期に務めています。さらに、春日俊彰は日本大学商学部に進学しており『日大OB』でもあり、なおかつ現役のスポーツマンでもあるので、コメントはぜひとも聞きたいところですね。しかし、2人ともに一連の悪質タックス問題に関してはノーコメントを貫いています。彼らも思うところはいろいろとあるでしょうから、当選手や新生チームへのエールを聞きたいところですね」(スポーツライター)

 できることならその場は、言葉が切り取られてしまうテレビよりも、じっくりと語りおろしのトークが聴ける『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)であってほしいところだ。
(文=相川ナロウ)

悪質タックル問題の日大選手が復帰意向……そこで聞きたいのは「オードリーの言葉」だ!のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!