人気アイドルグループ・乃木坂46の中田花奈が、14日深夜に放送されたドキュメンタリー番組『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京系)に出演。共演したクイズ作家の古川洋平により、「清楚な乃木坂の中でも、清楚」と紹介され、ファンから同調する声が集まった。

 同番組は、乃木坂46・欅坂46に続く“坂道シリーズ”の第3弾として発足した、吉本興業と秋元康がタッグを組みプロデュースするユニット・吉本坂46が売れるまでを追うドキュメンタリー番組。東野幸治と古川、乃木坂46の松村沙友理がレギュラーを務めるが、松村が別仕事だっため、前週に引き続き中田が代役として出演した。

「番組冒頭、シャイな性格の中田を東野がイジリ始めた際、乃木坂46に精通する古川が、『ピュアっていうので(ファンから)認知されている』とフォロー。さらに、中学・高校と女子校通いで、男性との交際経験がないまま“恋愛禁止ルール”のある乃木坂46入りしたため、『中田がダメだったら終わりだな』と、ファンの間ではグループの純潔の象徴的な存在とみなされていることを紹介しました。これに対しネット上では、『まさにその通り!』『恋愛できる期間がないハズだもんね』などといった声が飛び交ったようです」(芸能関係者)

 しかし、坂道シリーズの清純さを保つための恋愛禁止ルールが、吉本坂46の結成によって改定せざるを得ない状況になるのではないか、という意見も出始めている。

「よしもと所属タレント約6000人を対象にし、約1700人の応募者が集まった今回のオーディションですが、5次審査を経て、残すは秋元Pによる最終審査の結果を待つばかりとなっています。そんな中、最後まで駒を進めた80名の中には、すでに結婚し家庭を築く者が数多くいるため、仮に彼らが合格した場合、恋愛禁止もへったくれもなくなってしまいます。そのため、『坂道シリーズの根本を揺るがすのでは?』『グループ加入前の結婚は認める、という新たなルールが加わるのか?』などと注目が集まっているようです」(同)

 同プロジェクトが発表された当初、坂道シリーズ・ファンからの反対意見が多かったものの、番組を通じて応募者たちの熱心な姿勢が伝わり、徐々に応援する声も増えてきた。中田ら先輩たちが守ってきた秩序を乱すことなく、異色アイドルとして活躍していくことを期待したい。

“乃木坂46の純潔”を守る最後の砦は中田花奈? 吉本坂46結成後の恋愛禁止ルール改定に注目集まるのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!