2015年に放送されヒットした『下町ロケット』(TBS系)の続編が決まり、キャストも次々発表。

 立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩らはもちろんのこと、土屋太鳳や竹内涼真も続投が発表されている。今や若手注目筆頭格の2人だが、しっかりと継続したのはファンとしても喜ばしいことだろう。

 しかし、現時点ではあるがあの「重要キャスト」の名前がない。一体なぜ。

「帝国重工の取締役・財前道生を演じる吉川晃司さんの名前がまだ出てこないないです。前作では最重要ポジションの役柄で、その重厚な演技が評判を呼んだのですが……。

原作『下町ロケット ゴースト』でも財前はしっかり登場していますので、もし仮に吉川さん不出演の場合『代役』を用意するのか、それとも『いなかったことにする』のか」(記者)

 こだわりの強いファンも多いドラマだ。「配役が変わる」となると一気に「冷める」なんてことも……。なんとか出演継続となってほしいところである。

『下町ロケット』竹内涼真続投も「あの重要人物」降板!? 代役では白ける、が……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!