2人がここまで明暗をわけたのは“くっきり”具合の差だったのかもしれない。

 8月7日に放送された綾瀬はるか主演のテレビドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)第5話の視聴率が、自己最高の13.1%を記録したことがわかった。

 同ドラマは回を重ねるごとに視聴率を上げ、同枠に放送されていた新垣結衣主演『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を超える可能性もあると期待されている。高視聴率の原動力となっているのが、さりげなく盛り込まれている綾瀬のムフフな艶演技だ。

「第5話では、親子3人で枕投げをした際、綾瀬演じる主人公は野球のピッチャーのようなフォームを披露。そこで大きく片足を上げた瞬間、お尻のラインがくっきり(笑)。これには視聴者も大喜び。ネット上は綾瀬に対して換気の声が湧き上がりました。また、綾瀬は初回では腹芸のシーンに挑み、こちらも絶賛の声があがりました」(テレビ誌記者)

 一方、絶賛大爆死中なのが、同日に放送されている吉岡里帆主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)だ。8月7日放送の第4話の視聴率は5.5%と自己ワーストタイを記録。綾瀬のドラマの半分以下という寂しい数字が続いている。

「吉岡も綾瀬に負けないスタイルの持ち主ですが、ドラマではそれがまったく活かされていない。吉岡は公務員という役のため、地味な衣装ばかり。視聴率を回復させようと第3話では吉岡の入浴シーンが盛り込まれましたが、お風呂のお湯に白の入浴剤が使われており、こちらはネット上でも不満の声があがっていました」(テレビ誌ライター)

 もし、吉岡が胸の谷間を“くっきり”露出していれば、違った数字になっていたかもしれない。

綾瀬はるかと吉岡里帆の明暗を分けたのは“くっきり”具合だった!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!