評価が変わってきた!?

 8月6日に放送された『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)にフリーアナウンサーの田中みな実が出演した。同番組は、女性が女性に対して感じる不平不満を吐き出すストレス発散バラエティ。いとうあさこ、大久保佳代子、若槻千夏らが、「こんな女は許せない!」という女性についてトークを展開する流れで、田中がSNSをやっていない理由が注目を浴びた。

「田中は『何をやっても叩かれるだろうなと思っているからやってない』『幸せアピールしても叩かれるだろうし、寂しいアピールしても、リア充アピールしても、何してもダメじゃないですか。嫌われている人は何やってもダメなんですよ』と理由を説明しました。“ぶりっ子”や“あざとい”というイメージから、『嫌われタレント』のレッテルが貼られている。しかし、それはあくまで“キャラ”として番組サイドの指示に全力で応えたもの。いわばプロ根性の表れです。フリーになった当初は、ネット掲示板でも反感を買っていましたが、やり続けてきたせいか最近は彼女を叩いている人が逆に叩かれているという現象が起きています」(芸能ライター)

 田中自身は嫌われキャラとの認識のようだが、男性に限ればその人気はアイドルや女優にもまったく引けは取らない。実際、番組放送中のツイッターには、「みんなさ、うざいとか言ってさ、いつも炎上しちゃうけどさ、田中みな実は相当かわいい!」「田中みな実の可愛さは反則」「田中みな実先生の可愛らしさは正義」といったコメントが嵐のように連打されており、男性視聴者たちが彼女にメロメロになっている様子が伺えた。

「一方、女性たちのほうも彼女への見方を変えてきているように感じます。番組で彼女が語った『30代で独身で自分に金かけて何が悪いんですか』『自己投資して何が悪いんですか』という言葉には多くの女性たちが『すごくよかった』と共感。キャラのせいで“計算”だと偏見を持たれがちですが、彼女の発言には意外と正論が多く、一周回って支持者が急増していますよ」(前出・芸能ライター)

 雑誌『東京カレンダー』に出演した際には、「女性は可愛らしくいた方がいい、それがたとえ、計算だとしても」という名言を残している田中。SNSをやれば、彼女の生き方に賛同する人も多そうだが。

田中みな実の評価がうなぎのぼり! 男性は「絶賛」、女性は「共感」の理由のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!