28歳の遅咲きのブレイクとなっているのが、オスカープロモーション所属の女優・田中道子だ。

 11年に芸能界入りし、身長172センチの9頭身ボディで13年には「ミス・ワールド」日本代表に選ばれている。女優デビューは16年に『ドクターX~外科医・大門未知子~』で西田敏行演じる院長の秘書役。さらにNHK大河ドラマ『西郷どん』で品川宿の給仕・タマ役で出演したことで、“あの美女は誰?”と話題を呼び、現在は『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)に出演中だ。

「剛力彩芽が交際中のZOZOTOWN前澤友作社長にうつつを抜かしている最中に、藤田ニコルと共に事務所の主力としてフル稼働しています。『絶対零度』でも際立ったスタイルとツンデレぶりで存在感を示し、菜々緒から『ドS枠』のポジションを奪い獲る勢いです」(芸能記者)

 オジサン受けという面では、すでに菜々緒を上回っているとも言える。

「菜々緒に比べるととっつきにくいイメージがないのが彼女の強み。旅番組に出演した際には、徳光和夫に下着を買ってあげてほほ笑む姿は、まさにオヤジキラーというにふさわしい。また、初めての彼氏はネットの対戦ゲームで知り合った人だそうで、そんな意外性も親しみやすさの理由でしょう」(前出・芸能記者)

 完璧なボディに加え、2級建築士の資格を持ち、特技はピアノとテニス。英語も堪能で、趣味スキューバダイビング、登山。売り出す要素には事欠かないようにも思えるが、ここまで“遅咲き”となったのはなぜなのか?

「いかにも昭和な地味すぎる名前が原因ではないでしょうか。派手な容姿と一致しないために、業界関係者や視聴者の頭の中に残りにくい。事務所がそれこそ“剛力”級のインパクトのある名前をつけていたら、もっと早く売れていたと思いますよ」(芸能関係者)

 もっとも、彼女の虜になっているオジサン世代にとっては、シンプルなほうが覚えやすくてありがたい?

「菜々緒超え」なるか! 剛力彩芽を尻目に田中道子が遅咲きのブレイクだった意外な理由のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!