新垣結衣ら経験豊かな役者を完璧に「食った」女優が、大きな話題を集めている。

 現在公開中の映画『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』。フジテレビで3シリーズ、10年もの間愛された作品だけに、初週興行成績は断然の1位、フジテレビ役員が「100億円を狙える」と息巻く人気作である。

 作品としては、これまでの『コード・ブルー』らしさてんこもり、といった内容。とにかく観客を飽きさせないためか、救命救急の命の現場での「泣けるエピソード」が同時並行に次々と展開される。ただ、どれもが中途半端ではなくしっかりとわかりやすくまとまっている印象である。初めて同シリーズを見た人でもある程度満足はいくだろう。

 山下智久をどうかっこよく撮るかに固執している雰囲気、モノローグがやや幼稚な雰囲気はあるものの、全体的に安定した娯楽作品という印象はある。今後続編も制作されそうな気配も感じられた。

 新垣結衣や戸田恵梨香など、これまでのキャストの演技はもちろんよかったが、ただ、今回はその主要キャストを食う演技を見せた「新星」も登場している。

 それが、末期がん患者役で出演する山谷花純だ。

 宮城県仙台市出身の21歳。2015年に『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に百地霞 / モモニンジャー役で出演してある程度の知名度を得ているが、一般の浸透度はまだまだだ。

 それもそのはずで、本人もこの映画のオーディションに落ちたら引退、と考えていたほどだという。最近は映画の出演なども増え伸び盛りだったが、この人気ヒット作で「当たり」を引いた。

 末期がんであることへのやるせなさやどうしようもなさ、婚約者への思いなどを情感豊かに表現し、観賞者の間では絶賛の嵐。「アノ子はだれだ!」とすでに大きな話題である。

 ブレイクの匂い漂う山屋。今後の活動に注目だ。

新垣結衣らを「総食い」で話題……『コード・ブルー』映画でブレイク確実な新星登場のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!