新垣結衣があのライバルとの直接対決でついに頂点に躍り出るのか!?

『絶対零度』『グッド・ドクター』(共にフジテレビ系)、『義母と娘のブルース』(TBS系)、『ハゲタカ』(テレビ朝日系)など、夏ドラマは視聴率2ケタ越えのヒット作が多く出た。これから佳境に向かう中、早くも秋ドラマにも注目が集まっている。

 中でも話題となっているのが、日本テレビの水曜22時枠で起用される新垣の主演ドラマだ。

「脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(共にTBS系)で成功を収めた野木亜紀子氏が担当。2人がコンビを組んだ『逃げ恥』は、エンディングの“恋ダンス”も含め、社会現象化するほどの人気となりました。共演者も松田龍平と田中圭と、ヒットするニオイしかしません。7月期のドラマでは唯一2ケタ視聴率が出なかった日テレとしては、何が何でもここで巻き返そうとするはず。同枠では1月期の広瀬すず主演『anone』が全話平均視聴率6.1%、4月期の吉高由里子主演『正義のセ』が9.8%、7月期の石原さとみ主演『高嶺の花』も4話まで平均9.5%に沈んでいます。その枠で2ケタ越えすれば、この3人との格付けで新垣が上にいることをはっきり証明する形にもなりそうです」(テレビ誌ライター)

 大ヒット中の映画『コード・ブルー』の成功も、準主役ながら「存在感の大きい新垣のおかげ」という声も多い。となると、残るライバルは“絶対に失敗しない”あの女優か。

「秋ドラマ最大の注目は、新垣と米倉涼子の“頂上決戦”ですよ。今回、米倉は『ドクターⅩ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)を封印し、医者ではなく弁護士を演じます。タイトルは『リーガルV』となりそうで、Xの次はヴィクトリーのVでも話題をさらう構えです。こちらも共演が林遣都、菜々緒と盤石。勝ったほうが名実共に“最強女優”と呼ばれることになるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 さて、この秋に社会現象を巻き起こすのはどっち?

米倉涼子と新垣結衣の頂上決戦! 秋ドラマ“二大視聴率の女王出演ドラマ”は視聴率2桁確定!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!