北川昌弘の「美女&美少女的ドラマ独偏批評」その13

ドラマの“質”は脚本家で決まるのか、あるいは演出家、プロデューサーで決まるのか? 確かにそれもあるだろう。だが、作品に彩りを添えるのは女性キャストだ! 稀代の美女&美少女ウォッチャー・北川昌弘が送る、女性キャストから見るドラマ評――。

渡辺麻友、闇をかかえたキャバクラ嬢役でAKB48卒業後連続ドラマ初主演☆殺人犯の妹の汚名を着て、キャバクラ嬢をしながらミュージカル女優を目指すが…愛と罪と狂気のラブサスペンスドラマの画像1

『いつかこの雨がやむ日まで』/8月4日スタート/東海テレビ・フジテレビ系土曜23時40分〜

渡辺麻友:北園ひかり(26)役

 ミュージカル女優を夢見ていた森村ひかりは15年前、親しくしていたミュージカル女優の矢吹麻美(三倉茉奈)が殺されてしまう。

 逮捕されたのは、麻美の恋人で、ひかりの兄の森村國彦だった。加害者家族となったひかりは故郷を捨て、名字も母方の北園に変えた。高校時代は精神を病んで引きこもりとなった母(斉藤由貴)のため、アルバイトをしながら家計を支える。

 やがて、6年前にミュージカル劇団“ウミヘビ”の劇団員になるも、生活のため、キャバクラ嬢として働く日々を送る。

◯渡辺麻友(1994年3月26日生 プロダクション尾木所属)
2006年から、AKB48に所属し、昨年末卒業。
おもなドラマ出演
『マジすか学園』ネズミ役
『さばドル』主演・宇佐しじみ役
『戦う!書店ガール』主演・北村亜紀役
『大奥〜最凶の女〜』お志摩役
『サヨナラ、えなりくん』主演・桐山さおり役

渡辺麻友、闇をかかえたキャバクラ嬢役でAKB48卒業後連続ドラマ初主演☆殺人犯の妹の汚名を着て、キャバクラ嬢をしながらミュージカル女優を目指すが…愛と罪と狂気のラブサスペンスドラマの画像2

渡辺麻友&堀井新太(谷川和也役)。7月30日の制作発表にて。

堀井新太:谷川和也(27)役

 かつて“ある約束”を交わしたひかりの幼馴染。現在は、実家の老舗料亭“たにがわ”の板前。15年前、当時“たにがわ”で修業していた森村國彦に可愛がってもらっていたが、殺人現場から走り去る國彦を目撃していて、矢吹麻美の死体の第一発見者となる。

◯堀井新太(1992年6月26日生 ワタナベエンターテインメント所属)
『西郷ドン』に村田新八役で出演中。

【第1話のストーリー】

 あれから15年。

 ひかりは幼馴染の和也と再会。あらためて自分の暗い未来を突きつけられることに。
さらに兄・國彦(桐山漣)が出所することになり、改めて別れを告げるために会いにいくが、そこで兄は「俺は麻美を殺していない」と告白して行方をくらます。

 だとしたら、なぜ、國彦は無罪を訴えず、服役したのか? 一方、和也はひかりを救おうと動き出すのだが……。そこに新たな事件が……。

 いつもは第1話の試写もしていた東海テレビのドラマの制作発表。今回は3分間ほどの予告的ダイジェストだった。内容に自信がないから試写しなかった?

 ただ、1週間以上前の制作発表の案内の段階で試写はしないと告知。なにか、第1話は事前試写しない方がいいという判断をする内容が含まれているのでは?

「ひかりもまた愛に苦しみ、狂気に堕ちていくことに……!?」

 松本圭右東海テレビプロデューサーは「このドラマの女優・渡辺麻友を観ないと後悔する」と明言。受けて渡辺麻友も多少混乱しつつも「後悔しないように見でください」。

 キャバクラ嬢役に関しては、『キャバすか学園』第3話にネズミ/ウツボ役でゲスト出演しているものの、「今回は生活するためにやむなくやっているキャバクラ嬢なので、まったく別の役」とのこと。

 闇を抱えた役については「私も本来は、闇深い方なので、それが活かせている」とおもわず、アイドルサイボーグの実体を暴露?

 これはもう、渡辺麻友の本格的女優へ飛翔の瞬間が観れることを期待するしかない☆

渡辺麻友、闇をかかえたキャバクラ嬢役でAKB48卒業後連続ドラマ初主演☆殺人犯の妹の汚名を着て、キャバクラ嬢をしながらミュージカル女優を目指すが…愛と罪と狂気のラブサスペンスドラマの画像3

サプライズで用意されたひかりの母親・北園由布子役の斉藤由貴からの手紙と鶴の折り紙を持って。渡辺麻友&堀井新太。

●主な出演者
筧美和子:三上沙耶(26)役。和也の恋人で銀行員の娘。結婚を前提に交際中。
◯筧美和子(1994年3月6日生 プラチナムプロダクション所属)

宮澤エマ:天竺芽衣(29)役。
演出家で劇団“ウミヘビ”主宰の天竺要(吹越満)の娘で、同劇団の女優。
◯宮澤エマ(1988年11月23日生 プロダクション尾木所属 宮澤喜一の孫)

星野真里:矢吹千尋(40)役。矢吹麻美の姉。事件の事で何か秘密を……。
◯星野真里(1981年7月27日生 トルチュ所属)

紺野まひる:花田舞子(41)役。劇団“ウミヘビ”の看板女優。
15年前の「ロミオとジュルエット」では主演を務めた。
◯紺野まひる(1977年4月12日生 フラーム所属)

遠藤璃菜:15年前、子供時代のひかり役。
◯遠藤璃菜(2005年10月4日生 テアトルアカデミー所属)

 ちなみにひかりが務めるキャバクラ“Swans”の店長役はジャングルポケットの斉藤慎二。キャスト蘭には、同僚キャバ嬢として、ユウナ、ハルカの名前がある。いったい誰が演じるかも気になる。

北川昌弘(きたがわ・まさひろ)
1957年、北海道生まれ。成蹊大学卒業。美女&美少女ウォッチャー。執筆活動やメディアへ出演する一方、各地の芸能イベントでの取材活動を行い、アイドルランキング『T.P.ランキング』の資料収集に従事。1991年〜1992年オーディション番組『ゴールド・ラッシュ!』(フジ)の審査員。1996年〜『ザテレビジョン』ドラマアカデミー賞審査員。

元AKB48渡辺麻友が闇を抱えたキャバ嬢役に……『いつかこの雨がやむ日まで』で魅せる罪と罰と狂気の熱演のページです。エンタMEGAは、連載コラムの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!