8月1日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、スタジオに元NEWSの山下智久が登場。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』(同)共演者の浅利陽介と“VTR越しのにらめっこ対決”が行われ、「ガチで変顔する山P可愛すぎでしょ」「ほんとこのキャストたち大好きだわ」と話題になっている。

 同放送では浅利とともに新垣結衣・戸田恵梨香・比嘉愛未が事前収録のVTRで出演し、『コード・ブルー』主要キャストがスタジオとVTRで勢ぞろいする形に。そこで“クール”“マッチョ”といったイメージを持つ山下に対し、「こんなことしなさそう」をテーマにトークが展開した。

 新垣たちから“嘘をつかれても気づかなさそう”“何があってもパニックにならなさそう”といった声が上がる中、浅利は「にらめっこで僕には勝てなさそう」とコメント。「見てみたいね」と盛り上がる共演者の声もあり、スタッフから山下との“VTR越しにらめっこ対決”を提案される。

「対決を求められた山下は『どこまでやっていいか分かんないなぁ』と漏らしていましたが、対決が始まると浅利に負けじと変顔を披露。浅利が顔全体をゆがませるのに対し、山下は口を曲げたりすぼめて対抗しています。しかし山下が見ているのはVTRなので、当然浅利には山下の変顔は見えておらず。シュールなにらめっこ対決で勝負はつきませんでしたが、浅利の挑戦を受けて立つ山下のノリの良さや、和気あいあいとした共演者同士の仲の良さが伝わってくる内容でした」(芸能ライター)

 VTR越しのにらめっこ対決に挑む山下に、ファンは「これはもしかすると世界一可愛いにらめっこ対決なのでは?」「山Pの新たな一面が見れたから浅利さんグッジョブ」「ヘンテコな対決だったけど、コード・ブルー組の仲の良さは尊いですね」と大喜び。中には「モニター越しに顔の見えないにらめっこ斬新すぎるwww」といった声もあるが、実は山下が別番組で浅利との対決を“大事故”と表現していたことも話題になっている。

「7月30日に放送された『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に、『コード・ブルー』メンバーが揃って出演。“この中の共演者にムカっとしたことがある?”という質問に、山下は『ほんとは仲良いんで』としつつ浅利を名指ししました。『TOKIOカケル』のタイトルは伏せながら対決の状況を説明した上で、山下は『現場(スタジオ)で僕は大事故に遭うっていう…』と発言。困惑気味の山下に対して、浅利は『ゴメン、全然自覚なかった』と笑っていました」(同)

 ドラマ版を含め10年におよぶ共演関係とあって、仲良しぶりが際立つ『コード・ブルー』メンバー。次はどんな話題を振りまいてくれるのか注目しよう!

山下智久が浅利陽介とにらめっこ対決! ファン大興奮も、実は「大事故」だった!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!