欅坂46にとって7作目のシングルとなる『アンビバレント』のMVが公開となり、その圧巻のパフォーマンスがファンのド肝を抜いている。

 センターは7作連続で平手友梨奈が務め、1列目には平手と共に土生瑞穂、鈴本美愉、渡邉理佐、小林由依が並ぶ。

「『アンビバレント』とは、相反する感情を同時に持つという意味ですが、同曲のダンスについてキャプテンの菅井友香は朝の情報番組で、『人間関係など窮屈な思いをしてそれぞれ苦しんでいるんですけど、それを平手が解放していって最後みんなで爆発して踊る』と解説しています。その言葉どおり、MVではメンバー同士が重なり合い、さまざまなしがらみを表現。動きの止まったメンバーたちを平手が次々と解放していきます。そしてサビでは、全員で白いシャツをはためかせながら、フォーメーションダンスを決めるシーンは感動ものですよ」(音楽ライター)

 ファンも文句なしに気に入ったようで、ネット上では「平手の体幹とダンス凄すぎる」「平手以外のメンバーの表現力がレベルアップしている!」「曲がかっこいい! ダンスかっこいい!ステップ多い!照明スポットの使い方最高!」と絶賛コメントが連打されている。 その中で多く聞こえてくるのが「マトリックスみたい」という感想だ。前出の音楽ライターが言う。

「MVでは映画『マトリックス』で有名な“バレットタイム”と呼ばれる技術が用いられており、メンバーの動きはスローモーションに見えるのにカメラは高速で移動する映像が作品にメリハリを与えています。前作の『ガラスを割れ!』でも世界最速でカメラを動かす最新鋭の機材『BOLT』が使われていましたが、アイドルのMV撮影レベルでは使わないようなことを毎回入れ込んでいるのには驚かされます」

 MVは前代未聞のペースで視聴されているが、ファンならずとも一見の価値アリだ。

欅坂46最新曲『アンビバレント』MVは現代の『マトリックス』か? 最新鋭機材と撮影技術がスゴすぎ!のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!