来年4月よりスタートするNHK連続テレビ小説『なつぞら』。記念すべき朝ドラ100作品目のヒロインに選ばれた広瀬すずが、同作の現場で並々ならぬ女優魂を見せていると評判だ。

「広瀬が10代最後の連ドラ主演として出演した『anone』(日本テレビ系)の視聴率が振るわず、“超期待の女優”から“期待はずれの女優”へとイメージダウンしてしまいました。そのため、朝ドラの100作品目という記念作に彼女が主演することに、周囲も不安を募らせていたんです。そんな状況を察してか、『ちゃんと台本読んで来てね』と共演する松嶋菜々子に辛口な激励を送られつつも、ロケ現場では汗だくで農作業のシーンに挑んだり牛乳の乳搾りをこなしたりと、周囲が驚くほど力を入れてやっていると聞きます」(ドラマ制作関係者)

 そもそも、視聴率こそ取れなかったものの、『anone』での広瀬の演技に対する評価は高かった。別の制作関係者が続ける。

「『anone』の収録現場には、広瀬の演技を見ようと、多くのドラマ・映画制作関係者が足を運んでいたと言います。彼女にはもともと『広瀬会』という、映画監督やらプロデューサーやらといった彼女を推す関係者ばかりのファンクラブがあるんですよ。『anone』の現場を見に来ていた彼らの広瀬に対する評価は相変わらず高く、『次は自分の作品に!』とさらなる熱視線を送る人も少なくない。そこにきて『なつぞら』も成功すれば、今後彼女は仕事に困ることもないはずです」

 朝ドラのヒットで、国民的女優としての確固たる地位を手に入れることができるのか? 放送を楽しみに待ちたい。

広瀬すず、NHK朝ドラ『なつぞら』での女優魂に、業界有力者「広瀬会」メンバーが熱視線!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!