デニス・テンさん刺殺……早すぎる死と羽生結弦とのライバル関係の画像1

 

 フィギュアスケート2014年ソチ五輪銅メダル獲得のデニス・テンさんが、強盗に襲われて刺殺された。25歳だった。

 同国メディアによると、テンさんはアルマトイ市内で車のミラーを盗もうとした2人に右大腿部などを刺され、それによる出血多量が原因だという。

 ソチ、平昌五輪でも金メダルを獲得した羽生結弦のライバルの一人として存在感を放った。16年にはフィギュアスケート世界選手権の公式練習中に羽生とぶつかりかけるというアクシデントも。日本にもファンが多い選手として知られる。

 日本でも「信じられない」「今年一番驚いた」「まだ25歳、若すぎる」「素晴らしい選手だった」と、ショックを隠しきれないコメントが多数寄せられており、早すぎる死を受け入れられない声も少なくない。

 今後会見などが開かれ、詳しい事件の状況が明らかになることだろう。羽生のライバルとして世界の注目を浴びたテンさん。今は心からご冥福をお祈りしたい。

デニス・テンさん刺殺……早すぎる死と羽生結弦とのライバル関係のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!