元TOKIO・山口達也の女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所を契約解除となったことで、ジャニーズの所属タレントが「全員参加必須」のコンプライアンス講習を受けていたことを『日刊スポーツ』が報じた。
すでに講習は複数回行われており、ジャニーズJr.はもちろん、TOKIOのようなベテランも出席。多忙でスケジュールがなかなか獲れない嵐やV6のメンバーらも含めたすべての所属タレントの受講を目指すという。

「講習はマネージャーも同席し、弁護士がスマートフォンなどのセキュリティー管理といった基礎的な部分をはじめ、法律についての座学や、どのような場合に法令違反となるか、その場合違約金がいくら発生するかなど、かなり具体的な話をレクチャーしたようです。さらにはこうなった場合、例外なく解雇するという生々しい話まで出たようで、遊び盛りの若手たちはコンプラ恐怖症となり、酒場に繰り出すのをやめているとか」(芸能記者)

 特に気を引き締めているのが、NEWSの加藤シゲアキだ。加藤は未成年の女性と飲酒したと一部で報じられ厳重注意となっていたことで、講習とは別に弁護士と個別で面談を重ね、コンプライアンスについて叩き込まれたという。

「彼は7月15日スタートのドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)で主演していますが、収録後はまっすぐ家に帰り、台本読みを完璧にした状態で、誰よりも早く現場入りする。共演のケンドーコバヤシが飲みに誘ったところあっさり断られたそうです。完全に家と現場を往復するだけの品行方正生活を送っていますよ」(テレビ関係者)

 不祥事ゼロを目指す加藤、ドラマが高視聴率となり一獲千金となるのか注目だ。

ケンコバの誘いもスルー!NEWS加藤が「コンプラ講習」効果で超マジメ生活のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!