もしかしたら、“夢のツートップ”が観られるかもしれない⁉

 サッカー界のスーパースター、C・ロナウドがイタリア・セリエAのユベントスに移籍することが発表された。

 ポルトガルを率いたロナウドだが、W杯ロシア大会では決勝トーナメント1回戦でウルグアイに敗れて姿を消すことに。そのロナウドに対して、セリエAでは7連覇中ながら欧州CL制覇から22年間遠ざかっているユベントスは、約39億円の年俸と37歳までのプレーを約束する長期契約を用意。人気回復の起爆剤としても期待しているという。

 そんな中、日本のサッカーファン……いやマンガ『キャプテン翼』ファンもこのニュースにすばやく反応している。81年に『週刊少年ジャンプ』で連載をスタートさせた同作は、2013年からは掲載誌を『グランドジャンプ』に移し、現在はオリンピックを舞台にした『キャプテン翼 ライジングサン』が連載中だ。サブカル誌ライターが言う。

「『キャプテン翼』に登場する日向小次郎とロナウドが競演する可能性が出てきたことで、ファンがざわついています。日向は主人公の大空翼のライバルキャラ。マンガではユベントスに所属するも、フィジカル面での弱点が発覚し、イタリアの3部チームにレンタル移籍しています。しかし、その弱点も克服されており、いずれユベントスに復帰するのは確実。日向とロナウドは同じFWですから、最強のツートップが誕生するかもしれません」

 ロシアW杯のおよそ1年前には、ドイツで気になる情報も報じられていた。

「ある地元メディアが、ロシア大会を前に『キャプテン翼』で、翼率いる日本代表がW杯ロシア大会を戦う新シリーズが始まると報じています。結局、それはいま現在実現していませんが、気になるのは『ジャンプ』サイドがロナウド、メッシ、ノイアーの3人が作中に登場する許可を取るため交渉中という文言。スペインのバルセロナに所属する翼ですが、登場する外国人選手はリバウドやロベルト・カルロス、フィーゴなど10数年前のスター選手ばかり。このとき許可が下りたとすれば、新たにロナウドらが登場する可能性もありそうです」(前出・サッカー誌ライター)

 ロナウドのパスを受けた日向が雷獣シュート! そんなシーンをファンは待ち望んでいることだろう。

C・ロナウドのユベントス移籍で日向小次郎との夢のツートップが実現⁉のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!