西日本豪雨は「阪神の優勝」と同じ? 『ひるおび』大学教授の超低俗発言にネット大炎上の画像1

 

 11日放送の『ひるおび!』(TBS系)で、多数の被害を生んでいる西日本豪雨を特集。未曾有の被害にゲストや有識者がコメントを出していたが、中央大学教授の山田正氏の言葉が批判にさらされている。

 山田氏は「昭和28年と47年にも大災害が起こっている」「2~30年おきに(災害が)きている」と語り「大体みんな忘れるものだ」と発言。ここまでは特段問題はなかった。

 ただ、その後山田氏は「亡くなった方もいる中でおちゃらけみたいで悪いが」とした上で、知り合いの河川管理者から聞いた話を口にした。

「『大体阪神(タイガース)が優勝するくらいの感覚』といっていた」

「阪神が前いつ優勝したか覚えてないでしょ」

 スタジオのキャストも一応相槌を打ってはいたものの、困惑の様子を隠せず。当然ながら即ネットで炎上した。

「阪神に失礼だし被災した方々にも失礼だし不謹慎。ふざけるな」「これ本気でいってるのかな」「なんでこんなやつ番組に呼ぶんだよ」と批判が殺到。

 その後通常通り番組は進行したものの、今後このコメントの関する申し開きはあるのだろうか。少なくとも、山田氏をもう生放送に出すのはやめたほうがいいのかもしれない。

西日本豪雨は「阪神の優勝」と同じ? 『ひるおび』大学教授の超低俗発言にネット大炎上のページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!